車の匂いの正体

自動車の匂いといえば、新車で購入した車が納車されて、初めて乗り込むと気の匂いといったらたまりません。心の中で「この一瞬のために生きている」なんて思ってしまうほどいい匂いです。しかし、ふたを開けてみれば、この匂いは、ダッシュボードなどの樹脂の匂いやシートやトリムなどの生地の匂い、塗装の匂いなどが混ざったもので、決して体にはいいものではないはず、これが家の建材となると「ハウスシック症候群」なんてとんでもなく悪者にされてしまうのに、新車となると誰もが喜ぶというのは面白い話ですね。
残念ながら時と共にこの新車の匂いというものは消えていき、普段乗ることが多い人間の匂いや掃除を怠っている車ではゴミの匂い、タバコや香水のにおいなどが染みついて一種独特の匂いに代わってしまうのです。車に弱い方ではこの匂いだけで酔ってしまう方もいるほどですので、車の中も自分も常にきれいにしておきたいものです。芳香剤でごまかすより、掃除が最初ですよ!

外車買取

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。