CVTはロスのかたまり

低燃費対策の1つとして、最近ではCVTを採用する車が多くなってきましたが、これはある一定の条件下でのお話で、逆にCVTであることによって燃費を低下させているという事実もあります。通常の運転下ではトランスミッションやトルクコンバーターにほとんど負担がかからないので、エンジンのパワーをそのまま最終的な出力軸へと伝えることができ、更に低いスピード域で変速比を高いものへと変えてしまうため、同じスピードでもエンジン回転数を抑えることができるのです。しかし、アクセルペダルをパーシャルから全開にした時の様な急激な加速時にはかなりのパワーロスとフィーリングの悪化が認められます。
これはまず液体によってパワーを伝えるトルクコンバーターがすべること、そしてプーリーとプーリーがベルトで結ばれていることから起こるベルトのスリップという2つの要因があるからなのです。
これが多段式ATの様なギヤをかみ合わせた構造であれば、トランスミッションでのロスは理論的にはフリクションロスだけ、あとはトルクコンバーターによるロスだけとなるのですが、CVTの場合はトルクコンバーターでもトランスミッションでも大きなロスが発生してしまうのです。CVTを搭載した車が、カタログ燃費と実燃費の差が激しいといわれるのはこれが大きな原因となっているのです。

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。