何キロ走れば過走行車?

車には区間距離を測ることができるトリップメーターのほかにその車の総走行距離を知ることができるオドメーターが付けられています。
車の総走行距離はその車がどれだけ走ってきたかという経歴を知るだけでなく、その車の価値を知るうえでの1つの指標となっています。
車を売るときや中古車を買う時にデータとして総走行距離を入力したり、表示したりするのもそのためなのです。
自動車の総走行距離は一概にどれくらいが普通であるという事は言えませんが、車の点検整備の間隔などを見るとだいたい月1000km、年間10000km程度という割合で走るのが通常と見られています。

しかし、ドライバーの置かれる環境によっては普通自動車でも年間で何万キロも走ることもあります。
そういった車の場合2回目の車検を迎える前にかなりの走行距離を走ることになり、車にかかる負担はかなり大きいものとみられます。
こういった総走行距離が著しく進んだ車のことを過走行車とか多走行車などというのですが、どこからが過走行車なのかという定義はありません。
しかし、自動車買取店や中古車販売店での査定では10万キロを境に査定額が大きく変わることが多く、それが現在の過走行車になるかならないかの判断材料となるようです。

バス 買取

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。