オプションのアルミホイールは必要か

アルミホイールは車の走行性能を左右する重要なパーツです。しかし、世の中では一種のエクステリアパーツという扱いをされており、ホイールのインチやデザインだけでアルミホイールを選ぶようになりつつあるように感じます。
ここ最近はアルミホイールを標準装備することが多くなり、軽自動車の廉価グレードや商用車など一部のモデルでスチールホイールが付けられているといった程度でかなりアルミホイールの装着比率が高くなってきています。
昔は違いました、発売されている車のほとんどがスチールホイールにホイールキャップという組み合わせで、稀に高級モデルやスポーツモデルでアルミホイールがオプションとして用意されている程度でした。最近でも標準装備でアルミホイールが付けられているモデルでもインチアップされたアルミホイールをオプションとして用意するものがあるのですが、オプションでわざわざアルミホールを付ける必要はないでしょう。
オプションといってもそれは社外品とは違ってメーカーの保証がついているもの、保証が付いているということは丈夫に作ってあるということで、アルミホイールのメリットである軽量化にはほとんど役に立っていないのです。
どうせ買えるのであれば社外品の鍛造アルミホイールの方が軽いですし丈夫です。デザインも豊富ですので、それをわざわざ選択肢の少ないオプションから選ぶ必要はないでしょう。

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。