ハイブリッドモデルの最大のメリット

ハイブリッドシステムの最大のメリットなるのが燃費性能の良さでしょう。
30km/L代は当たり前、新しいプリウスなど40km/Lを超えるぐらいですから驚きです。
本来のハイブリッドモデルの利点は、あくまでも環境破壊を遅らせることで、エンジンを止める時間を長くすることによって排気ガスの排出を抑え、二酸化炭素の排出を抑え、更に枯渇が予測される石油の消費量を少なくするためにあります。
しかし、実際にハイブリッドモデルを購入する方のほとんどはそのようなことは考えておらず、単にガソリン代を節約することができる車、税金が安くなる車といった個人的なメリットのために購入しているのです。

ですから、ハイブリッドモデルでは燃費がとにかく大事で、走行性能や居住性、実用性、デザイン性などすべてを台無しにしてでも燃費性能がよくなければならないのです。
その結果が現在のハイブリッドモデルの燃費性能であって、この性能も単にガソリン代の節約のためにあるといっていいでしょう。
そしてもう一つのメリットがエコロジストを気取ることができるということ。
これも実際に起きていることとは矛盾してしまうのですが、ハイブリッドモデルを持っている人=環境破壊を気にしている人といったものがあり、そういった目で見てほしいと思う方にとっては非常に役に立つ車です。

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。